管理人投資ルールB 〜ナンピン買いする〜

B ナンピン買いする

 ナンピンとは始めに買った株価より安い株価で追加購入することで,手持ち株の購入単価を下げることです。

 例えば,150円の株を1000株買ったとします。
  150円×1000株=15万円が必要ですね。
 ところが,この株はどんどん下げ続け100円になってしまいました。これをナンピン買いすると
  100円×1000株=10万円がさらに必要になります。
 以前買った分とあわせると,25万円で2000株を買ったことになります。
 つまり,25万円÷2000株=125円ですから,125円のときに2000株買ったのと同じ状態です。

 株価が上昇して125円になった時点でプラスマイナスゼロになるということです。はじめに買った150円まで戻るのは難しいかもしれませんが,125円なら十分可能性はありそうですよね。このように,ナンピン買いをすることで,平均単価を下げ,プラスへの転換点を早めることができるのです。

 ところで,『下手なナンピンすかんぴん』という有名な格言はご存知でしょうか。初心者がナンピンするのは損失の拡大につながるので良くないそうです。
 でも,正しくナンピン買いすれば利益を増やすことができます。私もはじめは不安でしたが,今はナンピンの面白さにハマっています。

 チャートが示すように,株価は必ず上下します。例え下降トレンドの銘柄であったとしても永遠に下がり続けるという事はありません。必ずどこかで上昇に転じます。ですから,そうなるまで平均単価を下げながらじっと待つのです。この点で,お金のある人は非常に有利ですよね。上昇するまでしっかり買い増すことができますから。初心者の場合はより効率よくナンピンすることを心がけましょう。

 他にもナンピン買いの利点はあります。
 なんと,暴落時も株が楽しめるようになるのです。ナンピンをしなければ暴落時はただ損失が拡大するだけです。落ちていく株価を祈るような気持ちで眺めるだけ。。。精神的にもかなり凹みます。ところがナンピン買いを認めると,暴落時は絶好の買い場になります。驚くような安値で株を仕入れることができますからね。この精神的な違いは本当に大きいですよ。

 次に,ナンピン買いの方法ですが,買値からいくら下がったら買うというように自分のルールを決めておくとよいでしょう。あくまで,機械的にナンピンするのがポイントです。初心者は資金が限られているので,なるべく大きな値幅でナンピン買いするよう心がけたほうがいいと思います。あまり細かくナンピンしすぎるとすぐに資金が尽きてしまいますからね。
 ちなみに私の場合,200円程度の銘柄であれば買値から30円下がったところでナンピンするようにしています。その後もさらに下がるようなら自分のルールに従って追加購入します。

 ナンピンをすると持ち株が増えて平均単価も下がりますから,上昇に転じたときの利益は大きいですよ!
 くれぐれも,『下手なナンピン』にならないよう経験を積んでくださいね。

管理人の投資ルールA BACK←        →NEXT 管理人の投資ルールC