銘柄を選んでみよう 〜管理人の考え方〜

 先ほどは「一般的な株の選び方」を紹介しました。
 株価は会社の業績,将来性をあらわしますので,基本的には業績のいい会社の株は上がり,危険な会社の株は下がるはずです。
 しかし,実際に株を売買したことがある人なら誰もがその値動きに疑問を感じたことがあるのではないでしょうか。赤字続きの危険な会社の株が急に騰がったり,毎年確実に利益を出している会社の株が下がりつづけたり…

 株価は,戦争・選挙・政策といった社会的,政治的,時事的,国際的な影響を受けます。
 外国の株価や円高など為替相場にも反応します。
 憶測やうわさで株価が上下することもあります。
 業績好調でも,不祥事が明らかになれば翌日には急落するかもしれません。

 このように,株価が動く要因を考えるとキリがありません。株の選び方に正解はないといいましたが,結局のところ上がるか下がるかなんて誰にもわからないのです。ましてや,初心者がこれだけ複雑な事柄を分析するなんて不可能だと思いませんか?

 私は,日々のニュースに一喜一憂しながら,これまで株式投資を続けてきました。いろんな投資法も試みてきましたが,あまり成果はありませんでした。
 やはり情報では絶対にプロには勝てません。
 業績を分析するのは大切なことですが,増収増益の文字が公になる頃にはすでに遅れをとっていると思います。素早く対応したつもりが,結局は後手後手になってしまうのがオチです。

 そこで私がおすすめしたいのは,テクニカル分析をもとに徹底的に低位株を買っていく方法です。割安株投資法とかバリュー投資法などと呼ばれることもあります。相場に振り回されることがなくなり,高い投資効果を得ることができます。
 この投資法で大切なのはルールを忠実に守ることです。
 雰囲気に流されたらダメです。
 雑誌ですすめられてたから買いましたなんてのもダメです。
 材料に一喜一憂も禁止です。(自分にも強くいいきかせてます・・・)

 ルールを決めて機械的に売買することで株価や情報に踊らされることはなくなります。
 自然と利益も出るようになるでしょう。

 次のページから,私の投資ルールを紹介します。
 初心者でも簡単にできますので参考にしてください。

→NEXT 管理人の投資ルール@