脱☆初心者のための割安株ドットコム ~ゼロから始める株式入門~

株の基本は安く買って高く売ること。 当サイトは、初心者の方でも簡単に銘柄チェックができるように、全銘柄をスクリーニングし、主要なテクニカル指標で買いシグナルが出ている銘柄を毎日掲載するサイトです。
必要資金ごとに掲載しているほか、チャートへもリンクしているので、効率よく銘柄が探せます。
リニューアルした『初心者のための割安株ドットコム』改め『脱☆初心者のための割安株ドットコム』をご活用ください。

株をするためにはいくら必要?


 株は東証などの証券取引所で取引されるとき、株価と呼ばれる値段で売買されます。
 これは1株の値段を表しています。
 では、この金額で株を買えるのかというと、そうはいかないのが株の厄介なところです。
 株は必ずまとめて売り買いすることになっていて、取引できる単位は銘柄によって定められています。 この取引に必要なまとまった株数のことを単位株・単元株などとよびます。

 例えば株価が1,200円、単位株100株の銘柄を買う場合、
 1,200円×100株=12万円が必要ということになります。
 200株買えば24万円、300株であれば36万円と、100株単位で購入することができます。

 かつては、1000株単位での売買が主流でしたが、時代の流れとともに売買単位の種類が増え、ある時期には「1株、10株、50株、100株、200株、500株、1000株、2000株」の8種類で取引されるようになってしまいました。 一体どの銘柄がどの単位で売買されるのか、いくら資金があれば購入できるのか分かりづらいですよね。
 このような動きに歯止めをかけるために証券取引所は売買単位の統一に動き出し、2018年10月に売買単位が100株に統一されました。

 また、この売買単位統一の動きに合わせて、東証は、望ましい投資単位の水準として取引に必要な金額が5万円~50万円となるよう各会社に求め、現時点(2018年10月)では全体の約90%の銘柄が50万円以下で売買できるようになっています。
 さらに詳しく内訳をみてみると、10万円以下で売買できる銘柄は約1100(全体の約30%)もあり、そのうちの3分の1は5万円以下で売買することができます。 さらに極端な例でいうと、中には数千円で買える株もありますから、個人投資家にとって大変取り組みやすい時代になったといえます。

 ということで、いくらあれば株が始められるかというと、10万円程度あれば十分株を始められるというのが答えになります。

 ただし、可能であれば最低でも50万円ほどは準備されることをオススメします。 理由は手持金が多いほど選択範囲が広がりますし、とれる戦略も増えるので圧倒的に有利になるからです。 手持ち資金10万円だとおそらく1銘柄しか買えませんから、リスク分散もしにくくなります。 この場合は、資産を増やすというよりは、練習のためと割り切って取り組んでみるのがよいかもしれません。
もちろん、儲けることができればラッキーですから、そこは全力で取り組んでみてください。

 最後になりましたが、必ずある程度余裕のある資金で始めるようにしてください。これは、どのサイトでも注意されていることだと思います。
 生活費を目一杯つかってしまうと、タイミングを無視した売買をしてしまう可能性がどうしても高くなります。 リスクをきちんとコントロールできないと勝つことができませんから、こういう場合は、しばらく貯金に励むのが正解かもしれませんね。