脱☆初心者のための割安株ドットコム ~ゼロから始める株式入門~

株の基本は安く買って高く売ること。 当サイトは、初心者の方でも簡単に銘柄チェックができるように、全銘柄をスクリーニングし、主要なテクニカル指標で買いシグナルが出ている銘柄を毎日掲載するサイトです。
必要資金ごとに掲載しているほか、チャートへもリンクしているので、効率よく銘柄が探せます。
リニューアルした『初心者のための割安株ドットコム』改め『脱☆初心者のための割安株ドットコム』をご活用ください。

取り引きの流れ


 初めて株に取り組む方にとっては、取引全体の流れが掴みにくいかもしれませんので、何をしたらいいのかを順番にまとめておきます。

①証券会社に口座を作る
 株を取り引きするための口座を証券会社に作る必要があります。
 インターネットで簡単に申し込むことができます。ほとんどのネット証券会社は無料で口座を開設できます。
 いろんな証券会社がありますので、よく比較して選びましょう。
  ⇒証券会社の選び方

②口座にお金を振り込む
 口座を作ったら、次はその口座へお金を振り込みます。この口座に預けたお金を使って、株を売買することになります。100万円入金すれば、100万円分まで株を買うことができます。
 なお、通常は入金の際に振り込み手数料がかかりますが、特定の提携金融機関であれば手数料が無料になることもあります。

③銘柄を選ぶ
 株価が上がりそうな銘柄を探します。
  ⇒銘柄の選び方(基本)
  ⇒銘柄の選び方(管理人の場合)

④買い注文を出す
 インターネット(パソコン・スマートフォン)や専用アプリで簡単に注文を出すことができます。 ネット取引の場合、証券マンとのやりとりはありませんので、初心者でも自分のペースで気軽に注文できます。 もちろん、分からないことがあれば問い合わせ窓口に電話すれば丁寧に教えてくれますから、その点はご安心ください。

⑤取り引き成立
 取引時間中(東京証券取引所は9:00~15:00、途中休憩あり)は、株価が上がったり下がったりします。 そして、あなたの買いたい値段と売りたい人との値段が一致すれば取り引き成立です。 証券口座から株の購入資金(株価×購入株数)と取引手数料が差し引かれ、かわりに持ち株が増えます。
 ちなみに、売買成立前ならいつでも注文をキャンセルすることができます。

 売るときも同じ流れになります。

①売り注文を出す
 買い注文のときと同じように、インターネット(パソコン・スマートフォン)や専用アプリで注文を出します。
 売る場合もちょっとしたコツがあります。⇒売り方の注意点

②取り引き成立
 持ち株が減り、売却分のお金が証券口座に入金されます。

③株を買う or 預けておく or 出金する
 あとはこの繰り返しです。
 入金されたお金で別の株を買っても構いませんし、そのまま証券口座に預けておくこともできます。 現金化したい場合は、インターネット(パソコン・スマートフォン)で出金手続きをすれば、即日~数日で、登録しておいた銀行口座に入金されます。

 以上、流れはとってもシンプルです。