株でどうやって儲ける?

 株の値段(株価=株券を1枚買うときに必要な値段)は,常に変動します。
 私は,株は特別なチケットのようなものだといいました。
 みなさんは,人気のあるチケット(コンサートでもスポーツでも何でも結構です)がネットオークションや金券ショップで定価より高く売られているのを見たことはありませんか?逆に人気がないチケットは定価より安く売られていることもありますよね。

 株もまったく同じです。
 人気のある株の値段は上がりますし,人気がなければ下がります。株価というのは,買いたい人と売りたい人とのバランスで決まるものなのです。

 このように変動する株価の差額で儲けることが株取引の基本になります。
 安く買った株を高く売ることで利益をえるのです。商売の基本ですね。
ちなみに,この差額で儲ける利益のことを,値上がり益(キャピタルゲイン)といいます。名前は覚えなくても大丈夫です。

 次に,株を持っているだけでお金をもらえる場合があります。
 企業は利益の一部を株主に還元しなければいけません。このときに受け取るお金を配当といいます。
 配当は,会社によって時期や回数はちがいますが,だいたい年1〜2回,受けとることができます。郵便振替支払通知書などが自宅に送られてくるので郵便局や銀行で換金します。
 赤字企業などの場合,配当金がまったくないこともありますので,配当金狙いの方は事前によく調べておきましょう。

 最後に,株主は,さまざまな特典(株主優待)を受けられる場合があります。
 ちなみに,私はTAC(4319)という資格学校の株券をもっていました。
 この会社は,年に2回優待券を送ってくれるんです。この優待券を使うと,TACの授業料や教材が10%割引になります。30万円の授業だと3万円引きですから,必要な方には大変ありがたい割引券ですね。
 もちろん,株主全員が資格学校に通うわけではありません。私も実際に割引券を使用したことはありませんし。でも,必要ないからといって捨てたりしたらもったいないですよ。必要のない株主優待券は,ネットオークションや金券ショップで売りましょう!私は,毎回ネットオークションで売っていました。時期にもよりますが,1枚4000円〜7000円で売れましたよ。
 ちなみに,TACの株を買うのに必要なお金は,約6万円(平成18年9月現在)です。
 株を持っているだけで,毎年2回も割引券をもらえるのですから,資格を取りたい方もそうでない方もかなりメリットのある株だと思います。
 このように,各社とも様々な商品や特典を用意していますから,株主優待狙いで株を買うのも楽しみの一つだといえるでしょう。ただし,必ずしもすべての会社が株主優待を実施しているわけではありませんのでご注意を。

 まとめると,株の儲けには
 @値上がり益(キャピタルゲイン) ←あくまでメイン!!
 A配当益(インカムゲイン)  ←ちょっとしたお小遣い!?
 B株主優待   ←もらって嬉しい!オマケの楽しみ。
 この3種類があるということを理解してください。

株って何? BACK←                →NEXT 株のリスクとは?